商品について

ペプチドマッスルは、なぜ、わずか5gなのですか?

たんぱく質とアミノ酸摂取における、「最も吸収しやすい状態」である超低分子ペプチドですので、小腸の腸管から、成分を全て漏れなく余すことなく吸収できるからです。

ペプチドマッスルはトレーニングの前と後、どちらが良いですか?

目的に応じて前後どちらか、トレーンング日や内容によって変えていただいても良いですし、前後両方合わせて10g摂取していただいても構いません。
簡単ボディメイクが目的の場合は毎日5gで十分です。
アスリートの方や、ボディビルダーの方の本格トレーニングの場合は、トレーナーのご指導も踏まえて前後10gを摂取されるケースが多いです。
また寝る前の「追いペプチド」で合計15g摂取されている方もおられます。

ペプチドマッスルは他のプロテインと一緒に摂取しても良いですか?

併用していただいても全く問題ございません。

ペプチドマッスルは毎日摂取しないとダメですか?

わずか5gで摂取しやすいのが最大の特長ですので、できる限り毎日、トレーニング日以外にも摂取されることをお勧めします。
美容や健康、代謝促進、アンチエイジングが目的の場合は特に毎日摂取されると圧倒的体感を得ていただけると思います。

ペプチドマッスルの飲み方は?

お水やお湯だけでなく、スープや味噌汁などに混ぜていただくと大変美味しく摂取していただけます。

ペプチドマッスルの味は?匂いは?

自然食品メーカーのため、あえて無添加にしておりますので、少々苦味がございます(特にコーンオリゴペプチドに苦味が含まれています)。
匂いは、マリンオリゴペプチドがさけの皮たんぱく質を使用しておりますので、少々くさみを感じられると思いますが、ご推薦いただいているトレーナーの方々などからは、「全く気にならないし、むしろ他の商品と比べても美味しいレベル」という感想もいただいております。

ペプチドレバーとは、どんな方が飲んでいますか?

アルコールを飲む機会の多い方、酔いやすい方、翌日に酔いが残る方、健康に意識の高い方などに飲んで頂いております。

ペプチドレバーは、いつ飲むといいのですか?

いつ飲んでいただいても大丈夫です。飲酒前、飲酒中、飲酒後など、ライフスタイルに合わせてお召し上がりください。

飲む機会の多い方は、1回10粒を目安に、酒前、酒中、酒後に必要に応じてお召し上がりください。

薬ではなく食品ですので、いつお飲みいただいても構いません。飲み忘れのない工夫が続けるコツです。1日のうちで摂りやすい時間を見つけられると、長く続けやすいと思います。

水以外の飲み物といっしょに飲んでもいいですか?

どのような飲み物といっしょにお飲みいただいても問題ありません。基本的には水やお湯でお飲みいただくことをおすすめいたします。

妊娠中や授乳中に飲んでもいいですか?

妊娠中や授乳中は体質が敏感な時期です。ご飲用の際はかかりつけの医師にご相談ください。

子供が飲んでも大丈夫ですか?

食品としてしっかりと安全性の確認を実施しておりますので、お子様にお召し上がりいただいても問題はございません。ただし、あまり小さなお子様は、錠剤自体をうまく飲み込めないため、注意が必要です。先ずは少量から飲用することをおすすめします。

ペプチドレバーの効果を教えてください。

医薬品ではありませんので製品の効果効能についてはお答えできません。

主原料のコーンオリゴペプチドはアルコール分解促進作用、肝臓を保護する作用があることが研究機関で発表されています。

ペプチドレバーは、他の商品と比べて何が違いますか?

超低分子コーンオリゴペプチドを主成分としていますので、吸収速度と吸収率にすぐれています。

ペプチドレバーの原料はなんですか?

コーンオリゴペプチド(とうもろこしタンパク質)100%です。