商品について

ペプチドレバーとは、どんな方が飲んでいますか?

アルコールを飲む機会の多い方、酔いやすい方、翌日に酔いが残る方、健康に意識の高い方などに飲んで頂いております。

ペプチドレバーは、いつ飲むといいのですか?

いつ飲んでいただいても大丈夫です。飲酒前、飲酒中、飲酒後など、ライフスタイルに合わせてお召し上がりください。

飲む機会の多い方は、1回10粒を目安に、酒前、酒中、酒後に必要に応じてお召し上がりください。

薬ではなく食品ですので、いつお飲みいただいても構いません。飲み忘れのない工夫が続けるコツです。1日のうちで摂りやすい時間を見つけられると、長く続けやすいと思います。

水以外の飲み物といっしょに飲んでもいいですか?

どのような飲み物といっしょにお飲みいただいても問題ありません。基本的には水やお湯でお飲みいただくことをおすすめいたします。

妊娠中や授乳中に飲んでもいいですか?

妊娠中や授乳中は体質が敏感な時期です。ご飲用の際はかかりつけの医師にご相談ください。

子供が飲んでも大丈夫ですか?

食品としてしっかりと安全性の確認を実施しておりますので、お子様にお召し上がりいただいても問題はございません。ただし、あまり小さなお子様は、錠剤自体をうまく飲み込めないため、注意が必要です。先ずは少量から飲用することをおすすめします。

ペプチドレバーの効果を教えてください。

医薬品ではありませんので製品の効果効能についてはお答えできません。

主原料のコーンオリゴペプチドはアルコール分解促進作用、肝臓を保護する作用があることが研究機関で発表されています。

ペプチドレバーは、他の商品と比べて何が違いますか?

超低分子コーンオリゴペプチドを主成分としていますので、吸収速度と吸収率にすぐれています。

ペプチドレバーの原料はなんですか?

コーンオリゴペプチド(とうもろこしタンパク質)100%です。

ペプチドレバーの副作用はありますか?

食品ですので、卵やそばアレルギーがあるように、体質や体調などによって、まれに身体に合わないこともあります。成分表示に使用成分の記載があります。食品アレルギーのある方や心配のある方は、必ずご確認ください。また、ご心配な場合には、1日の目安量より少ない量から試されることをおすすめします。

薬を飲んでますが一緒に飲んでも大丈夫ですか?

食品ですので特に問題はありません。ですが、ご心配な方はかかりつけの医師またはそのお薬を処方している薬剤師にご相談の上、お召し上がりください。

他のサプリメントと一緒に飲んでも大丈夫ですか?

食品ですので特に問題はありません。ただし、複数の種類を摂取する場合、サプリメントに同じ成分や、類似したはたらきをする成分が入っていることがあります。食事同様、バランスよく摂取することが大切です。

アレルギーを持っていますが飲んで大丈夫ですか?

商品パッケージ裏面等に記載されている原材料名やアレルギーについての特定原材料名をご確認の上、ご心配な場合はかかりつけの医師にご相談ください。

ペプチドレバーは、どこで作っているのですか?

高品質なサプリメントをご提供できるように、衛生管理を徹底した「安全」「安心」の国内の健康食品GMP認定工場にて製造しています。

ペプチドレバーの賞味期限はいつまでですか?

直射日光を避け、涼しいところに保管していただければ、製造日より2年間は安心してお召し上がりいただけます。