体内でのアルコールの変化

口から入ったアルコールは胃から20%、小腸から80%が吸収され、その大部分が肝臓で処理されます。
肝臓内では、まず、ADH(アルコール脱水素酵素)により分解され、悪酔いや頭痛、動悸の原因ともなるアセトアルデヒドになります。さらに、肝臓内のALDH(アルデヒド脱水素酵素)により、酢酸へと分解されます。この酢酸は血液により全身へめぐり、水と二酸化炭素に分解され、汗や尿、呼気中に含まれて外へ排出されます。


アルコールは肝臓内のADH、ALDHという2つの酵素により、無害な酢酸までに分解されます。
ただ、分解のペースが追い付かないと、分解しきれなかったアセトアルデヒトと活性酸素が血液の中を巡り、頭痛や吐き気など二日酔いの原因になります。

肝臓の役割とアルコールの影響

肝臓は、栄養分などを取り込んで体に必要な成分に換えるという、「代謝」の働き、アルコールや薬、老廃物などの体に影響を及ぼさないように無償化する「解毒」、肝臓でつくられた老廃物を流す、胆汁を「生成・分泌」の機能をもった重要な臓器です。
ところが、アルコールを大量に飲み続けると、肝臓での中性脂肪の合成が高まり、その結果、肝臓に中性脂肪が蓄積した状態の脂肪肝になります。さらに飲酒を長期間続けると、 肝臓に線維が形成されて肝線維症や肝硬変となったり、肝細胞が急激に破壊されてアルコール性肝炎になる場合があります。

ペプチドレバーの原料、コーンオリゴペプチドは、肝臓アルコール分解酵素の「活性を上げる」だけではなく、酵素の発現(生産量)そのものを増やすことが実証されています。

コーンオリゴペプチドの商品