ペプチドオリゴペプチドアミノ酸たんぱく質からだの構成

いま話題のペプチドとは?

のざき
のざき
「ペプチド」とは何?

たんぱく質?アミノ酸の結合?

これらについて解説します!

のざき
のざき
前回は「からだのしくみ」についてでした!

皮膚筋肉髪の毛なにでできている?って言いましたか?

 

そう!「たんぱく質!!
ペプチドたんぱく質は切っても切れない縁なのでよく覚えておいてください。

前回の「からだのしくみ」はこちら

「ペプチド」とは?

ペプチドとは

「アミノ酸」2個~49個「結合」した物質の総称をペプチドといいます。

ペプチドとアミノ酸とたんぱく質

私たちの人間のカラダは、
①約50〜60%水分、②約15%〜25%脂質、③約15%〜20%たんぱく質、で構成されています。
からだの約20%がたんぱく質

この「たんぱく質」についてはよく耳にしたことがあると思います。
例えば、たんぱく質が必要とされているときに「プロテイン」が流行っていますが、これも「たんぱく質」です。

「たんぱく質」を口から摂取して、消化(分解)して最終的にカラダをつくる。

たんぱく質 → ペプチド → アミノ酸
という流れになるのですが、

たんぱく質 → アミノ酸
は、聞いたことがある方が多いと思います。

ですが、「ペプチド」という言葉をあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

どういう状態を「ペプチド」というのか??

まずは「たんぱく質」を消化(分解)していくと、最終的に「アミノ酸」という物質になります。

「アミノ酸」2個結合(くっつく)と「ペプチド」になります。

ペプチドとアミノ酸とタンパク質

のざき
のざき
知ってました?

ワタシも知らなかったんです(-_-;)

研究所 所長
研究所 所長
知らんかったんかいー!

 

ペプチドは結合しているアミノ酸の数によって呼び名が変わる

アミノ酸 2個~10個結合→オリゴペプチド
アミノ酸 11個~49個結合→ポリペプチド

アミノ酸 オリゴペプチド ポリペプチド たんぱく質
アミノ酸
1個
アミノ酸
2~10個
アミノ酸
11~49個
アミノ酸
50個~
アミノ酸 オリゴペプチド ポリペプチド タンパク質
単独の場合は遊離アミノ酸 吸収が早い低分子ペプチド 大きいペプチド 大きなものはアミノ酸数万から億単位にまで及びます。

ペプチドってなに?YouTubeで解説

まとめ【ペプチドとは?】

「アミノ酸」2個~49個「結合」した物質の総称を「ペプチド」といい、

「アミノ酸」2個~10個結合 → 「オリゴペプチド」

「アミノ酸」11個~49個結合 → ポリペプチド といいます。

「アミノ酸」が50個以上繋がると「たんぱく質」になります。

さらに・・・オリゴペプチドがキーワード

ペプチドが小腸から実際に直接吸収するのは、低分子のオリゴペプチド(ジペプチド、トリペプチドまで)なので、当社の商品は全てオリゴペプチド、かつ、究極レベルの超低分子オリゴペプチドだけを専門に扱っています。

近年、ヒト体内で重要な役割を果たすペプチドが発見され、或いは、ペプチドが栄養素(※1)としてたんぱくしつ質やアミノ酸よりもずっと吸収面で優れていることが分かりました。
※1 栄養素:栄養学では、ヒト体内での栄養のために、食物として外界から摂取する要素のことを栄養素といいます。

摂取した食物のたんぱく質は、消化酵素によって低分子のペプチドとアミノ酸に分解され、腸壁から吸収されます。
体内に吸収された、ペプチドとアミノ酸の多くは体内の「たんぱく質」の素材となります。

つまり、たんぱく質消化分解→ペプチド・アミノ酸→タンパク質合成という関係なので
ペプチドとは・・・たんぱく質を分解する途中のものであり、たんぱく質を合成するものです。

たんぱく質とペプチドとアミノ酸の関係

参考文献・・・研究所のWebサイトをご覧ください

関連コラム