アミノ酸たんぱく質

アミノ酸の桶理論について

このコラムではペプチドの魅力や可能性についてお伝えしていきます。
ペプチドとアミノ酸は切っても切れない縁なのです。

アミノ酸の桶理論とは?

偏ったアミノ酸の摂取をしても、一番少ないアミノ酸の量しか水はたまりません。つまり水がたまる分しかアミノ酸は有効に活用されません。
※十分なタンパク質生成ができない。
例えば、筋肉をつけたいといってBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)だけを摂りたいのは分かりますが、これだけだと効率が悪い。

その為に重要なのは、バランスよくアミノ酸を摂取することが重要となります。

前回の「必須アミノ酸の種類とは」で説明しましたように、体内では作ることができない9種類の「必須アミノ酸」をバランスよく、食物から栄養を摂る必要があります。

アミノ酸桶理論をYouTubeで分かりやすく解説!

 

 

関連コラム